山陽学園(山陽女子中学校・高等学校)同窓会
同窓会のあゆみ

 
〜戦後、校門脇にあった旧同窓会館〜

山陽学園同窓会は、記録によると1902(明治34年)に発足し、
同窓会誌「みさを」同時に発刊されていたようです。

この頃から東京・京都・大阪・神戸の各支部会も活動を始めて、
学校への経済支援が積極的に行われていました。
1945(昭和20)年戦災により全焼してしまった時、学校と共に
生徒たちも立ち上がり、演劇・舞踊などで地方を巡業して、
復興資金集めに協力しました。

その陰では同窓生が会場の手配やチケットの販売・食事の
差し入れ等々支援をして、生徒たちの活動を支えました。
他校に例を見ない同窓会の結束した活動が出来たのは、
上代 淑先生と卒業生一人ひとりの強い絆があったからです。

現在、約二万人の会員を擁し、地元岡山の本部では
年一回のバザーや手作りのケーキでの喫茶店を開いて、
生徒達の行事に協力しています。

支部を関東・名古屋・関西・広島・香川・九州に置き、
各々支部毎に会員の親睦を深めています。

振り返れば120年余の長い道のりには、数々の栄光と試練がありました。
いつの時代にも同窓会は母校に想いを寄せ、学校の発展を祈ってきました。
現在も学校の評議員会に4人、理事会に1人が加わり、学校運営に協力しています。

今後も世のため、人のために愛の種を蒔く山陽さんとして活動をする
同窓会でありたいと思いを新たにしています。


トップページに戻る