フィールドワーク(1年)

11月7日(金)、山陽女子中学校1年生は、長島愛生園を訪問しました。
今年の中1のフィールドワークでは、瀬戸内市邑久町にある国立療養所長島愛生園を訪れました。

午前中は、ハンセン病や長島愛生園の歴史史料を展示した「長島歴史館」を見学し、入所者である中尾信治さんにお話をしていただきました。
午後からは、収容桟橋や回春寮、監房や納骨堂などの史跡を見学しました。

生徒は、
「このフィールドワークで、ハンセン病の正しい知識を理解することができた。この正しいハンセン病の知識を、身近な人に伝えることが大切であると感じた」
「ハンセン病だけでなく、今でも多くの差別が起きている。差別に苦しむ人を作らない社会を築いていきたい」
と、多くのことを学んだようです。
このフィールドワークで学んだことを忘れず、これからの生活に生かしていきましょう!!