みさお祭(体育祭)

5月2日(金)、山陽女子中学校・高等学校では、体育祭が行われました。
快晴のもと、中学生・高校生ともにクラス一致団結し、競技に臨みました!!
山陽女子の体育祭は、「パネル部門」「応援パフォーマンス部門」「総合部門」という3つの部門で入賞クラスが決まります。

「パネル」とは、各クラスが作成するパネル画のことです。
クラスの担任やクラスメートの絵を描いたりするなど、各クラスで工夫を凝らして作成しています。
高三S組のパネルは、生徒一人ひとりの似顔を書いた立体型パネルでした。
受験勉強の合間あいまで作成したそのパネルからは、クラスの絆が感じられました。

「応援パフォーマンス」とは、各クラスが体育祭での意気込みを表現するパフォーマンスのことです。
流行しているダンスを取り入れながら応援するなど、生徒たちが自分たちで考えながらつくりあげていきます。
高校では、各学年すべてMusicコースが第1位に輝きました。
息の合った踊りだけでなく、真剣なその表情にも、目を奪われました。
最後には、笑顔で応援パフォーマンスを締めくくりました。

「総合部門」とは、「パネル部門」「応援パフォーマンス部門」だけでなく、体育祭の各競技での成績を含めて、総合的に審査する部門です。
今年は、新校舎建築の関係で例年とは異なり、ドッヂボールとバレーボールの二つの競技で競い合い、応援し合います!!

中学校部門・高校部門ともに、バレーボールで優勝を飾った中3B・高二Cが第1位に輝きました。
中3Bも高二Cも、「パネル部門」「応援パフォーマンス部門」で入賞しているクラスであり、各競技での活躍も素晴らしかったです!!
まさに、クラスが一致団結し、勝ち取った総合優勝でした。
中3B、高二Cのみなさん、優勝おめでとうございます!!

入賞はできなくても、頑張ったクラスもたくさんあります。
みんな、よく描き、よく踊り、よく競い、よく笑い合いました。
このクラスのまとまりを大切にして、これからの学校生活を送っていきましょう!!